クリステン・リー:ミュージアムのボランティア

CIPは京都国際マンガミュージアムのボランティアです。マンガミュージアムは三階建てです。漫画は30万冊ありますが,みなさんは5万冊読めます。1945年から2005年までの有名な漫画もあります。

毎日曜日ベリーさんと一緒にミュージアムに行きます。ボランティア活動は英語のガイドなので、外国人のお客様が来た時、英語で案内したり、説明したりします。ミュージアムにたいてい二時から四時までいます。

初めはマンガミュージアムのYさんがミュージアムの案内をしてくれました。それから、Yさんはみなさんに私たちを紹介してくれました。最近Uさんというボランティアの人も教えてくれます。私たちが質問をすると、Uさんはよく教えてくれます。先週初めて自分で英語のツアーをしました。

クリステン・リー:ミュージアムのボランティア” への2件のコメント

  1. これは面白そうだね!私もいつかマンガミュージアムに行ってみたいと思う。でも、自分でツアーをすることは大変なのか?お客さんに案内するために、たくさんの情報や注意事項などを覚えなくちゃいけないじゃないかと思っている。ツアー以外はまた他の仕事をしている?ミュージアムで色々な手伝いが結構要るよね。

    • はい、マンガミュージアムは面白い所と思っています。シューイさんは漫画が好きですか?

      いいえ、ツアーの仕事は大変じゃありません。マンガミュージアムの注意事項を覚えなくちゃいけなかったんけど、ミュージアムが便利なノートをくれて、習いやすかったです。そして、一人でツアーをする前に、自分で練習させてくれました。私は日本語がまだ勉強しているから,英語のツアーしかしていません。

コメントは受け付けていません。